Kawagoe Home Smith Show

column

収納がたっぷりある住宅のメリット

収納たっぷりある住宅のメリットとは?

収納たっぷりある住宅のメリットとは?

賃貸アパートなどは、最小限の収納スペースしかない場合が多いため、住宅を建てる際には収納スペースをたっぷり作りたいと考える人が多いです。
収納スペースが多い住宅には、様々なメリットがあります。
収納スペースを作ることで、部屋が散らかることが少なくなり、綺麗に片付いた空間を維持することができるでしょう。
また、ただ収納スペースを広く作るだけではなく、暮らしていく上での生活スタイルを考えることが大切です。
普段の生活スタイルを考慮し、動線を考え、取り出しやすさ、使いやすさを意識することで、収納を有効に使うことができるでしょう。
住宅は長い間暮らしていくため、それぞれの家族の生活スタイルに合わせた収納スペースを住宅に作ることがポイントです。

住宅に設ける住宅の活かし方について

住宅に設ける住宅の活かし方について

玄関の収納スペースを設ける際に、機能付き収納を設置することで、外出時の花粉を取り除く効果や静電気除去効果や、毎日洗うことができない制服やスーツの除菌、消臭をすることができます。
室内に入る動線上に、シューズクロークやクローゼットなどを設けましょう。
リビングにも収納スペースを設けることが多いですが、玄関とリビングの間にバックステージのような収納スペースを設けると、帰宅後の着替えを一つの場所で済ますことができます。
ワイシャツやスーツ、ハンカチなどの小物まで、全てを収納できるスペースがあれば、身支度がスムーズになるでしょう。
また二階には、大きめの家族みんなで使えるウォークインクローゼットを設け、寝室や子供部屋、廊下などから直接入ることができれば、それぞれの個室にクローゼットを設置する必要がありません。
部屋を広く使いながら、収納スペースはたっぷりと設けることができるため、おすすめです。
また、他にも動線を意識したウォークスルーのクローゼットも人気があります。
動線を意識したウォークスルーは、朝の着替えがスムーズになるだけではなく、洗濯やアイロンがけ作業が一つの場所で行うこともできるため、時短につながるというメリットがあります。

page top