Kawagoe Home Smith Show

column

2020年に義務化される省エネ住宅とは?

省エネ住宅とは

省エネ住宅とは

これから家を建てる予定のある方は、省エネ住宅について知っておきましょう。
最近では省エネ基準をクリアしていると、高性能住宅とされていましたが、2020年までには全ての新築住宅に義務化されます。
2020年になる前に家を建てる予定がある方は、省エネ住宅をどのくらい取り入れるか、非常に重要な判断になるでしょう。
義務化されていない今だからこそ、省エネ住宅について知っておく必要があります。

省エネ住宅のメリットとデメリット

省エネ住宅のメリットとデメリット

省エネ住宅は、消費エネルギーを少なくし、快適に暮らすことができます。
例えば、少ない冷暖房で快適に過ごせる空間をつくることや、省エネ型の設備の導入です。
現在の日本は、エネルギー問題や環境問題が大きな課題となっていますが、家電製品の増加などにより、暮らしに必要なエネルギー消費量が昔と比べると増しています。
そのため、日本がより良い国となっていくためには、省エネ住宅が不可欠になるということでしょう。
省エネ住宅にはメリットとデメリットがあります。
メリットは、エネルギー消費量が少なくなるように設計されているため、光熱費が安くなるということが挙げられ、暮らしの質を高めることができます。
省エネ住宅は、換気を行うことで結露やカビが発生しにくくなっており、構造部材が腐ったり、劣化したりするのを防いでくれるのです。
省エネ住宅は環境や住む人、建物にとっても非常に優しい住宅といえるでしょう。
デメリットは、建築コストが高くなるということです。
省エネ住宅はこれまでの住宅と比較すると、建物に使用する材料や設備が高性能なものになります。
そのため、建築コストが高くなってしまうのです。
2020年には省エネ住宅が義務化されるため、建築コストが高くなっても仕方のないことですが、現段階ではまだ検討ができます。
どのくらいの性能を持った省エネ住宅にするのか、しっかりと考慮する必要があるでしょう。

page top