Kawagoe Home Smith Show

column

太陽光住宅のメリット

太陽光住宅のメリットについて

太陽光住宅のメリットについて

これから家を購入する人は、太陽光住宅を検討してみてはいかがでしょうか。
太陽光住宅のメリットとデメリットを知っておきましょう。
太陽光住宅のメリットは、安定した収入得ることができることです。
太陽光で得た電気を売却することができるので、太陽光住宅を購入し、収入を得る人や日々の光熱費削減に繋げる人も少なくありません。
太陽光で得た電気を電力会社に売却する際は、一度決めた価格で10年間売り続けることができます。
売電価格は低下傾向にありますが、一度価格が固定されると、10年間は安定した収入を得ることができるでしょう。
また、日々使用する電気として使用できるといったメリットがあります。
太陽光住宅は、家庭の電気の一部を賄うことができるのです。
電力会社の電気料金が値上がりしていますが、太陽光住宅にすることで、夏場のクーラーや冬場のヒーターにかかる料金を削減することができます。

太陽光住宅のデメリットとは

太陽光住宅のデメリットとは

太陽光住宅にするメリットは非常に魅力的ですが、デメリットも知っておきましょう。
太陽光住宅のデメリットのひとつに、太陽光の日射量に左右されることが挙げられます。
しかし、太陽がある限り電力は作られるので、天候不順が長く続かない限り、日射量が少ないというダメージを受けることは少ないでしょう。
他にも、初期費用が高いといったデメリットを感じている人も少なくありません。
太陽光住宅にした後は、安定した収入を得ることができますが、初期費用は決して安い買い物とは言えないでしょう。
最近では、10年前と比べて3分の1ほど下がってきていますが、100万円〜200万円はかかります。
初期費用の元を取るためには、7、8年かかるということを知っておきましょう。
7、8年の間に台風や竜巻などが太陽光住宅に影響を与えると、故障してしまう恐れがあります。
台風や竜巻だけではなく、雪が多い地域であれば、積雪によって発電量が0になるため、補強材を使用したり、設置の傾斜角度を調整したりと対策が必要です。

page top