Kawagoe Home Smith Show

column

室内物干しがある住宅の魅力

住宅に室内物干しを設置するメリットとは

住宅に室内物干しを設置するメリットとは

生活をする上で誰もが洗濯をしますが、洗濯物は干さなければなりません。
もちろん、ベランダのある住宅であればベランダに干せば良いでしょう。
しかし、女性のひとり暮らしや花粉、黄砂、排気ガスの気になるエリアでしたら、ベランダ干しは難しいものです。
さらに、雨の日はベランダ干しが出来ません。
そういった場合は部屋干しをしなければならないのです。
部屋干しをするのであれば室内に物干しを設置しなければなりませんが、中にはカーテンレールを物干し代わりに利用する方もいることでしょう。
しかし、カーテンレールで部屋干しをしてしまうとカーテンレールが傷むだけでなく、カーテンと接することで湿気がこもってしまいカビが生えるなど、多くのデメリットがあるのです。
さらに、カーテンが使いにくくなってしまうので換気が不十分になることもあります。
そのため、住宅に専用の物干しを設置することでそういった心配が無くなるので、大きなメリットと言えるでしょう。

住宅のどこに物干しを設置すべきか

住宅のどこに物干しを設置すべきか

雨の日に限って部屋干しをするのであれば、室内の物干しにそれほど気を遣う必要はありません。
しかし、日常的に部屋干しを考えている方は住宅内の設置場所を考えましょう。
もちろん、専用の部屋干しスペースを用意することが理想的ですが、それだけのスペースを用意することは大変です。
そこで、室内に物干しを設置するのであれば、昼間に使用しない室内の空間を利用しましょう。
これはデッドスペースの有効利用というメリットがあります。
特に洗面室や寝室などが良いでしょう。こういったスペースは1日の中で限られた時間だけ利用するものです。
そのため、利用しない時間帯を部屋干しに利用しましょう。
こういったスペースに物干しを設置するのであれば、簡易的なものと本格的なものがあります。
本格的なものは業者に依頼しなければなりませんが、普段は天井に隠すことが出来るなど多くのメリットがあるのです。

page top