Kawagoe Home Smith Show

column

憧れのウォークインクローゼットがある住宅

ウォークインクローゼットをつくるメリット

ウォークインクローゼットをつくるメリット

新築住宅を建てる人の中には、ウォークインクローゼットに憧れている人も多いのではないでしょうか。
新築住宅の中でも人気のある設備です。
これからウォークインクローゼットを住宅につくろうと考えている人は、ウォークインクローゼットをつくるメリットを知っておきましょう。
まず、ウォークインクローゼットのメリットは、大型荷物をまとめて収納できることです。
床面積がまとまっているため、大きなスーツケースや収納棚をまとめて収納できます。
また、着替えができることもメリットとして挙げられるでしょう。
ウォークインクローゼットのスペースには、内部に通路があるため、そのスペースに鏡を設置すると着替えスペースにもなり、洋服が選びやすくなります。
他にも、照明を明るくして、アイロンがかけられるようにコンセントを設置すると良いでしょう。
しかし、洋服の量が多すぎる場合は、注意しなければなりません。
通路を設ける分、壁面クローゼットよりも収納として使える面積が少なくなり、収納量が減るためです。

ウォークインクローゼットをより使いやすく

ウォークインクローゼットをより使いやすく

ウォークインクローゼットに憧れる人が多い理由は、洋服や小物がアパレルショップのように見やすく、取り出しやすくなるからではないでしょうか。
ウォークインクローゼットをより使いやすくするためには、ポイントがあります。
例えば、かける収納とたたむ収納をしっかりと区別することです。
ハンガーの上段には帽子などを並べ、下段にはジーンズなどのボトムスを置くことで、すっきりと片付き、見た目も綺麗な収納スペースになるでしょう。
そして、たたむ収納においてもポイントがあります。
例えば、畳んだときのサイズを揃えることです。
サイズを揃えると、統一感とゆとりのある空間を実現できます。
かける収納は、下段の余ったスペースを上手く活用しましょう。
まとまりがなく、ごちゃごちゃしているウォークインクローゼットは、とても使いにくいです。
余ったスペースに、ボックスをおいて小物を収納してください。
また、収納できる面積をできるだけ多く取るために、通路部分を狭くしてしまいがちですが、通路部分は広めに確保しましょう。
奥行きを最大限に利用しようと、壁側から2列ほど洋服をかけたくなりますが、洋服がとりにくくなるため、ウォークインクローゼットは1列がベストです。

page top