Kawagoe Home Smith Show

column

老後を考えたバリアフリーの住宅

バリアフリーは家の中の障壁を無くすこと

バリアフリーは家の中の障壁を無くすこと

高齢化社会になってきた日本は、老後の住宅のことを考える必要も出てきました。
歳を取ると体力が減り動きも遅くなり、体も弱ってくるため、生活するだけでも負担となることから、バリアフリーの家が理想とされています。
バリアフリーを考えるときには、家の中にある障壁を取り除くことを考え、出来るだけ負担の少ない生活ができるようにします。
まずバリアフリーとして考えられるのが、玄関前です。
玄関にあるような段差や砂利道が負担となるので、これらの無い玄関を考えます。
理想は車椅子でも移動できるように、スロープを設置すると良いでしょう。
また玄関のドアも、車椅子や力の弱いお年寄りのことを考えるなら、引き戸にするのが良いです。
老後家の中で暮らすことを考えると、住宅は出来るだけ段差をなくすようにします。
玄関の段差の他に、部屋と部屋の間の段差もあります。
家の中のドアも、これも引き戸にして、ドアには浅いレールを設置するとバリアフリーになります。
バリアフリーの基本は、段差の他にも手すり設置があります。
家の中には手すりを設置し、老後体力が減っても負担が少なく移動できるようにしましょう。
また老後でもお風呂には入るので、浴室のことも考えないとなりません。
家の中にある浴室の浴槽は、浅い浴槽にして老人でも跨ぎやすくします。
また使い勝手を考え、浴槽周辺にも手すりを設置するのも良いでしょう。

バリアフリーでは温度も考える

バリアフリーでは温度も考える

老後に住む住宅のバリアフリーを考えるなら、温度のことも考慮します。
実は老後に住む住宅に関して、各部屋での温度差はヒートショックとなっており、年間で17,000件以上もの死亡者がでてしまう事故が発生しています。
高齢者になると温度の変化にも弱くなり負担となるため、この点もバリアフリーで考えます。
各部屋や廊下で温度差を少なくするには、高気密にして高断熱にした家を造ります。
すでにある家の断熱改修を行うとお金がかかるので、家を建てるときから温度差のことも考え、バリアフリーの住宅にすると良いです。
ただ高気密で高断熱となると、建てるときに出来る業者と出来ない業者がいるので、建築前に相談しておくと良いでしょう。

page top