Kawagoe Home Smith Show

column

理想のキッチンがある住宅とは

キッチンのタイプについて

キッチンのタイプについて

住宅づくりの中で、キッチンにこだわりたいと思っている人も多いのではないでしょうか。
キッチンは、毎日使用するものです。
そのため、使いやすいキッチンを選ぶ必要があります。
また、キッチンはリビングやダイニングと関わりが深いことから、家族で快適に過ごす住宅において重要な役割があるのです。
これから新築住宅を建てるという人は、失敗しない理想のキッチンについて知っておきましょう。
キッチンの種類は様々です。
壁に接してシンクやガスコンロが横一列に並んでいるものはI型キッチン、シンクやガスコンロが分離して並列に配置するII型キッチンが定番ですが、ほかにもL型、U型、アイランド型など、様々な種類があります。
キッチンの面積を狭くしたい場合には、I型が良いでしょう。
複数人で調理することが多い人はII型、家事動線を短くしたい人はL型、手の込んだ料理や品数を多くつくる人はU型、ダイニングへの配膳効率を重視する場合は、アイランドキッチンがおすすめです。

使いやすいキッチンをつくろう

使いやすいキッチンをつくろう

長く住み続けると、家電や調理道具が増えていくものです。
それに対応するためには、コンセントを多く設けることや家電のサイズに合わせられるように、収納棚を固定しないなどの工夫をしましょう。
また、ゴミ箱を置くスペースの確保も失敗しないキッチンづくりのポイントです。
生ゴミ、食品のパッケージなどキッチンからでるゴミは膨大であり、調理しながらゴミ箱へ投入できるようにゴミ箱の位置にもこだわる必要があります。
ゴミ箱のスペースを確保しないと、シンクにゴミを仮置きしなければならないため、調理に不便が生じ、作業効率が落ちてしまうでしょう。
ゴミ箱スペースを広めに確保してください。
キッチンにパントリーを設けたいと考えている人も多いはずです。
パントリーがあれば、ストックしておきたいものを収納しておくことができます。
しかし、パントリーの位置に失敗すると家事動線が長くなり、荷物の出し入れがしにくくなるため、家事動線をしっかり考慮してパントリーを配置させてください。
最低限の家事動線で済むことを意識して、理想のキッチンを手に入れてみてはいかがでしょうか。

page top