Kawagoe Home Smith Show

column

二世帯住宅で快適に暮らすには

二世帯住宅の間取り

二世帯住宅の間取り

家づくりをする中で、様々な選択肢がありますが二世帯住宅もそのうちの一つでしょう。
二世帯住宅は、高齢になった親と身近で生活できるため、別々に暮らすよりも安心感があります。
また、共働きの夫婦の場合は子どもの世話や、留守中の見守りなど、手の届かないところを二世帯住宅ではフォローし合える生活がおくれることがメリットでしょう。
しかし、その反面お互いのプライベート空間が取りづらいことがデメリットです。
二世帯住宅で快適に暮らすには、プライベートな空間を生かせるような間取りを考えることがポイントになってきます。
間取りについて知っておきましょう。
間取りにもいろいろなタイプがありますが、完全同居型の場合の間取りは、省スペースで済む反面、プライベートな空間を設けるのは限られてしまい、窮屈さを感じることもあるかもしれません。 共有部分を限定させる間取りは、お互いの生活空間を確保できますが、コストは増大します。
完全分離型の間取りは、二世帯住宅というよりも別の住宅を建てるといったかたちです。
プライベートな空間を維持できる反面、お互いの生活面での交流はないため、二世帯住宅のメリットを実感しにくいでしょう。

将来安心して暮らせるような快適性も

将来安心して暮らせるような快適性も

二世帯住宅の快適性は、間取りやタイプでも影響しますが、これからの生活スタイルをどのように送っていきたいかによっても異なります。
お互いを見てもらえるという安心感を求めるのか、隣家というようなかたちでも近くにいるということを求めるのか、などです。
その中で、快適な二世帯住宅の間取りでは、水回りを複数ヵ所設けることがポイントになります。
複数の家族が生活する中で、トイレや洗面所が一ヵ所では混雑が発生し、不便さを感じることがあるでしょう。
キッチンもサブがあれば便利です。
快適な二世帯住宅の間取りには、バリアフリーも欠かせません。
幅広い世代が、一緒に生活するので、お互いの過ごしやすさを考えた間取りが求められます。

page top