Kawagoe Home Smith Show

column

地震・災害に強い住宅の条件とは

地震・災害に強いという条件が求められている

地震・災害に強いという条件が求められている

楽しく毎日生活できて、利便性の高いライフスタイルが実現できるというのも住宅づくりにおける理想ですが、日本においては地震・災害に強いという条件も不可欠となります。
毎年のように大規模災害が発生しているので、「いつ我が家も被害を受けるか分からない」という意識が強くなっており、見た目や日常生活における機能性だけでなく、安全面が重視されているのです。
これらを実現させるためには、優秀な職人の技術が必要となり、基礎的な工事が重要視されます。
家を建てるために欠かせない基礎部分にこだわり、妥協することなく工事をしているか、さらに住宅を支える柱にも気を配る必要があります。
特に地震の場合は、基礎部分や柱、さらに梁なども大切になりますが、その他の大雨災害などによる洪水で被害を最小限にするためにも、基礎や柱が大きな役割を果たすのです。
基礎、柱、壁、梁の品質が、災害時の被害の大きさに直結するといっても過言ではなく、強い住宅づくりの必須条件に当てはまります。

住宅は災害を想定して建てたい

住宅は災害を想定して建てたい

家を建てる際に希望される条件は数え切れないほどありますが、間取りや全体的なデザインなどに注目が集まりがちです。
しかし、地震・災害のときに命を守れる家かどうかを最優先にする必要があるでしょう。
災害に強い住宅の条件は、設計や使用している材料へのこだわりに加え、熟練の技術力が何よりも必要です。
時には高レベルの耐震技術の導入も必要となり、台風や竜巻などにも対応できるトータル的な強さが求められます。
現時点で発生していない災害を想定して、設計や建築をすることは簡単ではありませんが、命にかかわる重要な事柄なので、住宅展示場で確認をした上で購入や建築を考えたいです。
見落とされがちな構造上の問題に注目して、あらゆるトラブルに強みを発揮する様々な条件を取り入れていくことが大切です。
長年住み続けることになる家は、長期的に安心し続けられるような住宅づくりを心がけましょう。

page top