Kawagoe Home Smith Show

column

住宅による耐久性の違いとは

住宅による耐久性とは

住宅による耐久性とは

住宅による耐久性は、年月の経過によって傷が進みやすいかどうかの問題になります。
耐久性が高いと、年月が経過してもあまり変わらない性能を保つことができます。
防水性、断熱性、気密性などすべてに関係するため、決して無視できない点です。
耐震性が高い住宅であっても、耐久性に問題があれば、構造部分が早く劣化して耐震性まで損なわれることになりかねません。
耐震性を高めるために住宅を丈夫に作るのはもちろん、耐久性を高くすることも考えないといけません。
どんな材料を使用したとしても、耐用年数があるのも頭に入れておいた方がよいでしょう。
木造は腐朽やシロアリに対する耐久性が異なり、鉄骨造は防錆処理が耐久性に大きく影響するため、メンテナンスが重要になります。
年月を経過すると、どうしても住宅の耐久性の問題は発生していきます。
大切になるのは定期的にメンテナンスを行っていくことです。
耐久性が損なわれると、資産価値が下がってしまうのも注目点です。

どの工法を選択すべきか

どの工法を選択すべきか

新築の家の購入を検討している人は、どの工法を選択すべきかを考えるのが望ましいです。
法的耐用年数から考えると、木造のサンディング貼で22年、木造のモルタル塗りだと20年、鉄骨造で34年、RC造で47年となるため、RC造が最も耐用年数が長いということになります。
しかし、法定耐用年数がすべてと考える必要はありません。
修繕費の兼ね合いも考えての対応が必要になります。
さらに、施工品質やメンテナンス次第で耐用年数は大きく変わっていくものです。
最初の計画から考えて適切なメンテナンスで長持ちさせることを考えれば、資産価値を上げることにもつながっていきます。
目先のことだけを考えずに、長期的な視点でライフスタイルに合った着心地のよい住宅を目指すのが望ましいです。
まずは専門業者に相談し、耐久性について一緒に考えていくのがよいでしょう。

page top